AGAは生活から見直すべき

AGAの原因は遺伝子や男性ホルモン、生活習慣など様々な要因から引き起こされる症状で、一度でも薄毛が始めるとそのまま進行して頭頂部と前頭部の髪の毛が抜けて薄くなっていきます。現代の医療技術では完治することは不可能とされ、治療薬などを使用して進行を遅らせる方法しかないと言われています。そもそもの原因は、毛乳頭にある5αリダクターゼと呼ばれる酵素が、血液から流れてくる男性ホルモンのテストステロンと結びつき、ジヒドロテストステロンに変性すると毛母細胞に侵入し、男性ホルモン受容体に結合することで、細胞分裂を抑制して髪の毛の成長を阻害してしまいます。治療薬では5αリダクターゼを阻害することで、ジヒドロテストステロンが生成されるのを抑制しますが、治療薬の使用をやめてしまうと再びAGAが進行してしまうので、進行を抑えようとすれば生涯ずっと治療薬を使い続けることになります。しかし、治療薬は安全とは言えず、副作用もあるので、なるべくある程度の効果が実感できたところで使用を中止したほうが良いとされています。AGAの原因であるジヒドロテストステロンは、発汗によって体外に排出することができるので、治療薬に頼らなくても運動によってある程度の進行を食い止めることが可能と言われています。また、食生活において髪の毛に良い食事を摂れば、発毛が期待でき、ストレスや喫煙といったものは血管を収縮させ、発毛に悪い影響を与えることから、禁煙やストレスのない生活を送ることも必要です。こうした生活習慣を見直すことで、治療薬に頼らずともAGAの治療が可能となっています。バランスの良い食事や規則正しい生活はAGAだけでなく、健康的な身体作りにも役立つので、薄毛が心配な人は生活を見直すと良いでしょう。

AGAに効く薬があるらしい

AGA(男性型脱毛症)に効く薬は、今までは塗り薬しかありませんでした。薄毛が気になる部位に塗ると、脱毛が起こりにくくなる仕組みです。頭皮に髪の成長に有効な成分が浸透して、発毛を促すという育毛剤のような仕組みです。これもAGA治療では使われますが、今では画期的な内服薬が登場しています。飲む育毛剤とも言われている薬で、AGAの主原因である強力な男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が増えてしまうのを防ぐことができます。男性には、男性らしさを引き出すための男性ホルモンがあります。思春期になると体毛が濃くなったり、筋肉質になったり、声変わりが起こるのも、すべてこの男性ホルモンの影響です。こういった体に変化を与える代表的な男性ホルモンがテストステロンです。テストステロンは男性らしさの象徴とも言えます。テストステロンの量に個人差はそれほどありませんが、これが還元されてできるDHTには個人差があります。テストステロンそのままならば、体の男性らしさの変化だけですが、II型5α-リダクターゼという酵素の働きによってテストステロンが、より強力な作用を持つDHTに変換されると、髪の成長に関わる毛乳頭が萎縮して、髪が成長しにくくなります。髪は成長期、退行期、休止期、の3つのヘアサイクルで生え変わっているのですが、DHTの影響を受けると成長期が短くなり、休止期が長くなります。すると髪が太く長くなる前に抜けてしまい、さらに休眠状態の毛が増えることで、髪の密度不足が起こり、髪が薄くなったと感じるようになります。AGAに効く薬は、DHTを作り出してしまうII型5α-リダクターゼという酵素の働きを阻害させる作用で症状を改善させます。

AGAの薬が通販で買えて家族にもバレないだと?

AGA治療は基本的に専門のクリニックが一般病院に通院することから開始され、治療薬も医師の処方薬となっているので、近くのドラッグストアなどでは購入することができません。一部の育毛剤は市販されていますが、外用薬であることから効果が微妙であったり、人によっては全く効果がないこともあります。それよりも内服薬が良いと言う人で、できれば家族にもバレずにこっそりやりたい場合は、ネット通販で購入する方法もあります。AGA治療薬は現在の主流として、フィナステリド製剤とミノキシジルタブレットがあり、どちらも医師の処方薬のため国内のネット通販で購入することは不可能ですが、海外からの個人輸入では取り寄せることが可能です。価格が高く費用がかかるAGA治療薬ですが、個人輸入では安価で購入でき、ジェネリック医薬品も存在しているのでさらに安く購入することもできます。配送方法は個人輸入代行サイトを使用すると、自宅まで届けてくれるので、わざわざ病院に足を運ぶ必要もありません。また、郵便局留めを選択できるサイトもあり、この方法であれば自宅に届かないので、家族や近所の人にも見つかることなく、治療薬をこっそりと入手することができます。ただし、配送先の住所は必ず記入する必要があり、不特定多数の人が受け取ることが出来る会社などの住所を入れると、税関で問題が起こることがあります。自宅の住所を記入したからといって、バレるわけではありませんが、自宅の住所を入れたくないという人は、個人輸入そのものが利用できませんので注意しましょう。海外からの配送で代引きが利用できないため、支払はクレジットか銀行振込のみとなります。明細からバレる可能性のある人は、銀行振込を選択しましょう。
■AGA(男性型脱毛症)に効果があるといわれている
デュタス
■AGAで泣く前に対策しませんか?
AGAは治せる