産後抜け毛の治療薬の選び方はAGAに対応したものを

AGAが発生する原因には、男性ホルモンが強く関係しています。しかし、だからと言って男性だけがAGAにかかるわけではなく、女性でも発症することがあります。一般的に、人間の体内では男女の関係なく、男性ホルモンと女性ホルモンが分泌されています。ただし、男性と女性とでは、その分泌量が異なり、男性では男性ホルモンが優勢になりますし、女性の場合には女性ホルモンが多く分泌されます。しかし、女性の体内でホルモンバランスが崩れてしまうと、女性でもAGAを発症することがあるのです。
女性がホルモンバランスを崩してしまう原因としては、ストレスなどが挙げられますが、出産もまた、ホルモンバランスを崩す要因となります。この場合、産後抜け毛と呼ばれる状態になります。また、女性の場合には産後には赤ちゃんのお世話などによるストレスが原因となって、ホルモンバランスが崩れることもあります。このような場合、女性ホルモンの分泌量が減少し、男性ホルモンが優位となって、AGAを発症することがあるのです。
女性が産後にAGAを発症した場合には、男性と同様に一般的な育毛剤などの治療では効果はほとんど期待できません。そのため、産後に抜け毛が目立つからと言って、独断で治療薬を選んでも効果が期待できないことがあります。従って、治療薬の選び方として、AGAに対応したものを選ぶことが第一条件となります。しかし、産後に髪が多く抜ける症状が発症しても、多くの女性はそれがAGAだとは気が付かない場合があるため、治療薬の選び方を間違う恐れが高くなります。そのため、産後に抜け毛が気になるようならば、かかりつけの産科医や皮膚科医の診察を受けたうえで、治療薬の選び方を相談することが、最も効果的な方法となります。