高校生からのAGAは耐性がつく?

AGA治療でよく言われているのは、治療薬の耐性がつくことです。身体とは不思議なものであり、外部からの力が働くとそれに対抗するようにできています。菌に耐性を付けるように、医薬品にもそのようなことが起きてしまうことがあります。当然長く医薬品を服用している人ほど、そのようなことが起きる可能性があります。ただしすべての人ではありません。耐性が付く人とそうではない人もいますので、一概には言えない現状があります。

最近のAGA事情として、若い人にも深刻なダメージを与えていると言われています。それは高校生も対象になっています。高校生で薄毛に悩んでいる人もいて、なんらかの対策を試みている人もいるでしょう。たとえば高校生からAGA治療薬を服用するようなことがあるとすれば、耐性が付く可能性が高くなるでしょう。AGA治療薬は頭髪をあきらめるまで続けなければならない医薬品です。よってその期間も長くなることが予想されます。

現実にAGA治療薬を高校生が服用するというのは、あまりお勧めできません。その理由として性機能障害が起きる可能性があるからです。性欲の減退や精液と精子の減少が指摘されていますので、まだまだ若い高校生には服用するのはあまりおすすめできないという医師が多いです。しかしAGA治療というのは、早く対策をすればするほど、現状維持をすることが可能です。その辺を踏まえて正しい治療をしなければいけません。

最近は個人輸入代行業者からAGA治療薬を購入する人も増えており、利用している人もいるでしょう。しかし正しい知識を持っていなければ、購入はもちろん服用もリスクがあります。まずは正しい情報を入手することから始めてみましょう。