AGAとその他の薄毛原因との前髪の薄さの違い

前髪は薄くなり易い部分ですが、薄くなってしまう原因はいくつかあり、ひとつの原因とされているのがAGAです。
そしてAGAはその他の薄毛原因と薄毛のなり方に違いがあるのですが、特徴としてはまずどんどん進行していくことです。
前髪の薄毛は血行不良や栄養不足、頭皮環境の悪化などが原因になることもありますが、こうした原因の場合ですとある程度は薄くなるものの、それほど進行せずに止まることがあります。しかしながらAGAは違い進行性の脱毛症ですので、前髪が薄くなってきたらさらに薄くなる可能性があるのです。また、前髪だけでなく頭頂部なども薄くなっていき、やがて両者が合わさってO型ハゲになるようなケースも見られます。
AGAは脱毛原因にも違いがあるのですが、この脱毛症はDHTによって引き起こされるのが特徴です。DHTは男性ホルモンと特定の酵素が結びついたことで発生する物質なのですが、脱毛を促進する作用があります。そしてDHTの濃度が高くなると毛周期に影響してしまい、髪の毛が正常に育たない状態になってしまうのです。その為、どんどん脱毛が促進されますし、並のケアでは改善も難しくなってしまいます。
しかしながらAGAは決して改善ができない脱毛症ではなくなっていますので、きちんと対策をすることで発毛できる可能性も十分にあるのです。専用の治療薬を利用する対策をはじめ、効果に期待ができる発毛剤もあります。他にも注射治療だったり自毛を植毛するという方法もありますし、これらの治療はAGAに高い有効性があるとされています。実際にAGAを克服できた症例も多くありますので、薄毛に悩みがある時には対策を始めてみると良いでしょう。